読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つるつるなるままに

食事でアトピー改善の記録

どうやって食べ過ぎないようにするか

工夫

この食事療法を続ける上での課題。

食べ過ぎ。

食事量が極端に少ないわけじゃない。
むしろ3食食べれば満腹になる量。
食事内容も美味しい。身体もよくなってきてる。

今まで食べていた好きなものや、世の中に沢山流通して誘惑してくる甘いもの。
それらを控える訳なので、ストレスが溜まる。

きちんとした食事をした後になんだか勿体無いことをした気になる。
そして我慢している食べたいものへの誘惑を紛らわせるように、食べれるものを大量に食べる。普通の食事の後、ごはんプラス0.5杯とか、煎餅半袋とか。この間は全粒粉のクッキーを一袋食べてしまった。
私の場合、腸が強くないので、そこが痛くなって止める。
身体的ダメージもあるけど、そんな過食をした自分を責める精神的ダメージが近い気がする。
そして過食するもう一つのパターンは、肌の症状が悪化して不安になり、それから逃れたい思いで食べる。
昨日あたりから大潮なので、今は目は腫れて体もだるい。今年の5月に比べると和らいでいるが、それでも不安になる。
タンパク質が足りないのか、油が足りないのか?と何か多めに摂って症状わ和らげようとする。体ではいつも通りの食事を続けることがベストで、過度に増やすのは良くないとわかっているんだけど。

どうやって防ぐか。

とにかくストレスや不安で体の要求以上に食べたくなったら、不安に思ってること、ストレスに感じてることを言語や絵にして書き出してみる。PCに打ち込むのもいいだろう。
とにかく、いつでも書きやすい、打ち込みやすい環境をつくることが大切。

PCはいつでも打ち込みやすいよう、ダイニングテーブルに思い切って置いてみる。

書きやすい環境は、いつでもノートを広げられるようにノートを置き、キッチンカウンターの上の物を減らし片付ける。
具体的には今使ってないホームベーカリーをクローゼットの物置にしまう。

とにかくこの二つをやってみる。